借入総額が年収の1/3超

改正貸金業法の『総量規制』によって、アコムから借り入れできる金額が変わりました。
借入の総額が年収の1/3を超える場合は、新たにお金を借り入れることが出来なくなる規制法が『総量規制』ですが "1/3まで"とはどんな種類の借入を指しているのでしょう?

総量規制の1/3までって?

借入総額に含まれないものは、

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額医療費
  • 銀行のカードローン

などがあり、そのほかにも『例外』や『除外』となる借入があります。

例外の貸付って?

  • 顧客(借り入れる人)に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け

このほかにも、施行規則に例外となる貸付が記載されています。

除外の貸付って?

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(つなぎ融資も含みます)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 不動産担保貸付け

配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けの注意点

『例外の貸付け』にある『配偶者貸付け』では、夫婦の収入を合算したものが"年収"にあたりますが、既にどちらかに借入がある場合は、年収の3分の1にあたる金額からその借入額を差し引いた額が借入可能な金額になります。

その場合、既に借入がある一方は、それ以降の借入が制限される事になります。

顧客に一方的有利となる借換えって?

今ある借金を他の金融商品に切り替えて、新しい契約によって借金を支払うことを『借換え』といいますが、"一方的に有利となる"とはどういうことを指すのでしょうか?

それは、借金のすべての面(条件)が、借り換えることによって改善されることです。

  • 実質年率が下がる
  • 返済期間が短縮される
  • 利息を含んだ返済総額が減少される
  • 毎月の支払額が軽減される

『実質年率が下がる』ということが絶対条件ですが、返済期間を長期化させて毎月の返済額を減らしたり、返済期間を劇的に短縮させて総額を減らすというのは、単に商品のすげ替えをしたに過ぎず、実質的な年率が上がっている可能性も否めません。

借り換えをする場合においては、上記したすべてにおいて改善が見込めないと『顧客に一方的有利となる』とは認められません。

したがって、アコムが提案する『貸金業法に基づく借換え専用ローン』は、これらの条件がクリアされた場合にのみ契約が成立しますので、『顧客に一方的有利となる』ことが期待できます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ホーム | 借り換えローン »

このページの先頭へ